タイトル

Nikon FG

ニコンFG讃歌

チープニコン

(note2005)

これは嘗て所有した事があるが、結局使う歓びを感じられずに手放したのだ。だが、どういう訳か今も手元に存在する。尤も、と言うかやはりと言うか出番は少ない。F一桁のサブカメラとして貴重な小ささなのだが、抑も散歩撮影中心の自分に於いては荷物を持たない事が粋に思えてサブのボディなど持ち出す事が希なのだった。

オリンパスOM以来、小型軽量モデルがマーケットの主流となった70年代後半、ニコンも頑張ってFMとFEを発売する。だが、真面目なニコンは信頼性と大きさを計りに掛けて、信頼性を採ったものだから、それは他社の小型軽量モデルからするとインパクトに欠け、「小さくなってもニコンはニコン」と言われても、その意味を理解する初心購買層は希有であったろう。

やがて、キャノンを中心とする価格競争が激烈を極め、定価ばかりか市場に於いても「三割、四割引きは当たり前」などと喧伝されては、当時二割引きが限界だったニコンにとっては厳しいセールスが展開される。そんな時に突然登場したのがEMだった。輸出モデルだったのを国内販売したのだが、あれは何か戦略モデルと云うよりテストモデルのような印象を当時は受けたものだ。一説に拠ると儲からなかったらしいから、案外その通りだったかも知れない。


そこで…

(note2005)

EMの発展機種として販売されたのがFGとなる。オリンパスOM10にマニュアルアダプタが用意されたように、ペンタックスMEにマニュアル機能を付加してスーパーとなったように、EMにマニュアル機能を用意したのがFGなのだ。この傾向は当時の一眼レフカメラの購買層が、まだ写真趣味のアマチュアにシフトしていた事を伺わせる。因みに、現在のデジタル一眼レフにもおしなべてマニュアル機能があるものの、敢えてマニュアル露出で撮影する人がどれだけいるか甚だ疑問だが、高度に電子化された今、それを取り除いた処でコストへ反映される金額は小さいのだろう。

閑話休題

自動露出専用で小さなニコンのEMはそれなりに受けたのだろうが、所詮は欲張りで無責任なアマチュアの要望を真に受けてか、発売に至ったFGは、小さなニコンと云うより、小さなFEに過ぎないのであった。それで価格的に大差無いのなら、ユーザーはFE(FE2)を購入するのに違いない(FE2は7万5千円)。想像するに、開発コストと云う面ではFEと大差なかっただろう。それでも営業的には戦略的価格設定を迫られるFGは、ニコンの利益を圧迫したのに違いない。


感触はリトルFA

(note2005)

このカメラ、シャッターを切った時の感触はEMと大きく異なる。後にも先にもFA、FG、FG20でしか味わえない独特のシャッター音を愉しむ事が出来るのだ。パシンでもパシャでもカシャでもない擬音化の難しい複雑な音で、優しいが耳障りな高音域が気になる不思議系だ。好き嫌いがハッキリと分かれるだろう。

そしてこれも3機種独特の小さなグリップがホールディングを支える。ペンタックス・スーパーAやキャノンA1と同じでMD装着時には外さないといけない為に、中古ではグリップ欠品のブツが割と多い。撮影には何ら影響の無い部品だが、外観を損ねる為に欠品している中古は格安で入手出来る。FAもFGも同じ部品だから、もしもグリップ付のFAを所有しているのならば、グリップ欠品の格安FGを入手すると云う手もあるのだ。

メインとして持ち歩くには割り切りの必要なEMに対して、充分な機能を持ったFGは、ファインダーのキレも良く92%の視野率とは言え、デジタル一眼に比べたら遙かに広大なファインダーは、AFに馴れきった目に活を入れる絶好のサブカメラなのである。