タイトル

MinoltaSR505

ミノルタSR505賛歌

ミノルタ最後の機械式カメラ

(note2005)

これ以降、Xシリーズを展開するミノルタは、これが最後の機械制御式一眼レフカメラとなった。XEやXDで絶賛される滑らかな操作感は此処には無い。上下2分割式と云う特殊な測光方式以外、取り上げるべき特徴は存在しないかに見える。だが、中古マニアにとって往年のロッコールレンズを使うなら押さえて置かなければならない機種なのだ。いや、別にSR505でなくても良いのだが、一応最新の機械式と云う事で他の古い機種よりは安心感がある。

正直言うと、このカメラを欲しいと思ったのは、他にめぼしいカメラが無くなってそろそろ中古カメラ病も治癒に向かうかと思われた頃だった。実用的とは言い難いクラシックカメラには一向に興味が沸かず、もうお終いかと思われていた頃、当時の古いカメラ雑誌の広告を見て急に欲しくなってしまったのだ。ミノルタの電子回路は耐久性に不安があるから、やはり機械式を1台押さえて置かないとな、などと自分に言い訳して探し始めたのである。


稀少モデル

(note2005)

ミノルタと云うカメラは、その購買層が家族向けのイメージがあって、無造作に保管されていた状況を想像出来る。即ち、外観は使い込まれた様子が無いのに、ファインダーは黴や曇りが出ている個体が実に多いのである。当時、速写ケース付で購入するのが一般だったから、革のそのケースに入れたまま押入等に放置されていたのだろう。おまけにSRTスーパー程売れなかったと見えて、SR505自体中古市場の流通量は極少なのだ。それで、欲しいと思い始めてから数年は購入に至る事がなかったのである。そして忘れかけていた頃、中古カメラ市で状態の良い個体と遭遇し、値段も安かったので購入してしまった。

しかし、結局デザイン以外の個性と云うか、感性を刺激する何かに乏しいカメラは購入当初に使うものの、次第に出番が無くなってゆく。これもそうした不幸なカメラのひとつである。